薬草の力TOP > びわ > びわの葉の効能

びわの葉の効能



びわの葉がすばらしい効能があり、

さまざまな症状改善に役立つのをご存知でしょうか。

びわは中国が原産地のくだものです。

β-カロチンやビタミンC、クエン酸、ビタミンB群、

ミネラルといった栄養素が豊富に含まれています。


びわは実だけではなく、葉や花、種、根にも

さまざまな薬効があるといわれています。

中でも多くの薬効があり、よく利用されるのがびわの葉です。


びわの葉には、サポニン、タンニン、ビタミンB1、

クエン酸、サポニンなどが含まれ、

せき止め、去痰、また超の働きを整える作用から

腸炎などの効能があると言われています。


また関節炎、神経痛、皮膚炎、腫れ物、淋病、熱病、

利尿などにも効果があるといわれています。


びわの葉をお風呂に入れて入浴するとあせもやかぶれ、

アトピー性皮膚炎にも効果をあらわします。


また最近では、びわの葉から抗ガン成分が

発見されています。

びわの葉の成分にアミグダリンという

薬効成分が含まれています。

このアミグダリンがガンに効果のあると

言われているビタミンB17になります。


体温とともに暖められることによってからだの

細胞まで浸透し、炎症やガン細胞退治への

効果が期待されているのです。


びわの葉に含まれてているアミグダリンは

体の中のがん細胞だけを見つけて

破壊するというとても素晴らしい成分だと

言われています。

もちろんそれだけではゆっくりとした

穏やかな効果でしょうから、

西洋医学の治療は大事ですが、

痛みの緩和や精神的なリラックス効果や

効能も認められるびわの葉療法を

平行して取り入れてみるのも良いかもしれません。


びわの葉の焼酎漬けにしてエキスを

抽出したものは、化粧品がわりに、また

やけどしたときにも役立ちます。


びわの葉のさまざまな効能を実感するために、

さまざまな方法で生活の中に

びわの葉を利用してみましょう。


びわの葉は煎じたり、お茶にしたり、

温灸にしたり、化粧水やエキスにしたり、

お風呂に入れたり・・・とさまざまな利用方法があります。


またびわの葉を煎じた残り液をガーゼに

浸して湿布するだけで、あせもや皮膚炎などに

効果をあらわしてくれます。


ためしに風邪を引いたとき、びわ茶を飲んで見ましょう。

びわの葉を良く洗って干乾にしよく

乾燥させたものを手でもんで細かくしてお茶を作ります。


普通のお茶と同じように入れて飲むだけで、

風邪予防やたんの予防、疲労回復などの

効能もあると言われています。



びわ記事一覧

びわの葉エキス

びわの葉は古くから民間療法として、肌トラブルをはじめとする様々な症状の特効薬として人気がありました。びわの木があると医者要らずとさえ言われていたようです。 ...

びわの葉の効能

びわの葉がすばらしい効能があり、さまざまな症状改善に役立つのをご存知でしょうか。びわは中国が原産地のくだものです。β-カロチンやビタミンC、クエン酸、ビタミ...

びわの葉温灸

びわの葉温灸はいくつかのやり方がありますが、身体をじんわりと温めてとても気持ちが良いもので、癌患者の方や冷え性の方、アレルギーなどで体質改善をめざす方に人気...

びわの葉のお茶

びわの葉には多くの薬効があると言われ昔から身近な薬草として日常生活に取り入れられてきました。様々なびわの葉の利用方法がありますが、びわの葉のお茶...

びわの葉とアトピー

アトピー性皮膚炎で悩んでいると言う人は多いですね。アトピー性皮膚炎といえば子供の皮膚炎と思われがちですが、最近では大人になってから発症してしまう人も増えてい...

びわの葉風呂

びわの葉をお風呂に入れる入浴法をご存知でしょうか。びわの葉には、あせもや皮膚炎を改善する効果があります。そのためびわの葉を入れたびわの葉風呂は、皮膚病などの...

びわの葉化粧水

びわの葉化粧水をご存知でしょうか。皮膚炎などにも効果があるびわの葉は、化粧水などの原料としても使用されています。最近ではびわの葉エキス配合の化粧水がいろいろ...

びわの種

びわといえば葉を使った温灸や焼酎につけたびわの葉エキスなどが良く知られていますね。びわは葉だけではなく、種にも薬効があるといわれ、古くから利用されています。...